好きな詩
『コスモスゆれて』
お客様の声で紹介した、詩人の康明淑さんのホームページです。
がらにもなく、私も詩を読むことが好きです。
カンさんの詩や久々に見る谷川俊太郎さんの詩、朝鮮の詩人ユントンジュの詩は、『あぁ~、1年くらい前までは詩集も結構見てたよなぁ…』と、詩を読むことが好きだった私の記憶を蘇らせてくれました。

それで思い出したのが、大好きな詩人茨木のりこさんの『よりかからず』という詩。


もはや できあいの思想にはよりかかりたくない

もはや できあいの宗教にはよりかかりたくない

もはや できあいの学問にはよりかかりたくない

もはや いかなる権威にもよりかかりたくはない

ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい

じぶんの耳目 じぶんの二本足のみで立っていて

なに不都合のことやある

よりかかるとすれば それは 椅子の背もたれだけ



学生の頃は5人部屋の寮生活だったので自分の居場所と言えば、ベットの中かmy机のみ。なので寝る時以外のかなりの時間を机の前で過ごしました。
長時間椅子に座って勉強のし過ぎで疲れた時(??)、バイトから帰ってきて椅子に腰をおろす時、嫌な事や悩みがあれば椅子に座り頭を抱え…その度にこの詩の最後、「よりかかるとすればそれは椅子の背もたれだけ」というフレーズを思い出すのです。

一生懸命勉強すること、一生懸命働くこと、それは出来合いのものによりかからず、自分の耳目でしっかりとものをみて判断し、歩いていくため。
そう思うと頑張る意欲がわいてくる。だけどやっぱりめげそうな時もあり…。
そんな時にふとよりかかるのが椅子の背もたれなんです。そしてまたこの詩が頭に浮かぶんです。

さっきもホームページに掲載する文章を作るため、文字だらけの資料を読んでいると頭が痛くなり…。その時にまた椅子の背もたれによりかかると、お疲れさん!もう少し頑張れよ!と言われているようで…(^^;

茨木のりこさんの詩にはその他にもたくさん良いものがあります!
『コスモスゆれて』と一緒に併せてご覧下さい(^-^)

(玲)
[PR]
# by imoa | 2006-09-15 19:09 | つぶやき

スーパー主婦に学ぶ
高校生の時から、日曜の夜と言えば6チャンネルにくぎづけです。
いつものコースは、9時からの日曜劇場をみて、その後はウルルン滞在期、そして情熱大陸、世界遺産…。
その中でも情熱大陸は一番のお気に入りで、姉とも『明日からまた1週間が始まるけど、この番組は日曜の夜には最適だね!』と口をあわせて言います。
というのは、大変な活力を分けてもらえる番組だからです。
こんな人間もいるんだ、自分も頑張らなきゃな…と。

つい先日の放送では、沖縄在住の主婦森岡尚子さんがクローズアップされました。
『主婦?』と最初は目を疑いましたが、後には尊敬の念さえ覚えました。

沖縄の自然に囲まれながら、スローライフをおくる森岡さん。
私も一般人に比べれば結構スローライフ?と思ってましたが、全ッッ然…。足元にも及びません。


自給自足。お米から野菜、調味料…全てといっても過言ではないくらいです。
自然に囲まれた一軒屋のお家の中をざっとみまわしても、ありあわせのものは全く見当たりませんでした。

ご飯。素朴だけれど、手抜きではない。素材のうまみを生かしたご飯を作ろうと手間ひまかけてこしらえます。
食器洗いにも洗剤を使わないのだそう。へちまのタワシを使うと汚れも綺麗に落ちるんだそうです。

お掃除。新聞紙を水で湿らせ、ちぎって床にまく。そして箒ではく。そうするとインクの油が良い具合に汚れをとってツヤを出してくれる。

洗濯。もちもん洗剤ではありません。塩と墨を使って洗濯します。以前は手洗いでなさってたようですが、今は洗濯機。お家の中でも数少ない家電製品だそうです。(洗濯機以外は、古くて味のあるオーブンだけだったような…笑。)

午後、川へ。ハイビスカスを摘んで何を始めるかと思えば、石の上で潰して、なんとシャンプーに!
昔の人はそうしていたからとさらりと言ってのけます。ハイビスカスでシャンプーしたらそのまま川へ。愛娘と一緒に、川の中で川遊び兼沐浴といった感じでしょうか…。
気がつけば、私の口はぽかんと開いてました。

もっとビックリしたのは…。
村のお祝い事がある日、ご馳走を作ろうと鶏をむしる姿。
祖父や祖母がよくトリをつぶして食べさせてくれたと両親から話では聞いたことがありましたが、それは昔の人の話。私の両親だって鶏をむしったことはありません。
ある意味感動しました。ここまでできるこんな若い人はいないだろうと。
そしてまた感動したのが、もろ鶏の足が入ったスープを美味しそうに食べる娘さん。何の抵抗もなく足にかじりついていました。

その娘さんが熱を出した時。
森岡さんが病院に連れていこうとしないので、スタッフが『病院へはつれて行かないんですか?』と聞きます。
病院に行っても解熱剤や鎮痛剤などもらって飲ませるだけ。そういったことを繰り返すうちに免疫も弱まるし、不必要な毒素は溜まるし悪循環。それよりもこの子の自然治癒力を信じたいと言うのです。そして幼い子供を抱きながら、小さい息遣いや心音に耳をすますのです。

まさにスーパー主婦です。
定職を持つ傍らで主婦をしているのではないけれど、1日が短すぎると、もっと時間があればあれもこれもとやりたい家事が沢山あるのだそう。
人間ってこういう風にして生きてきたんだな、手間ひまかけて愛情を注いで育てたり作るからありがたみがあって、大切に思う気持ちが増すんだな、人間もそのように育てなければいけないな…などなど様々な考えがよぎりました。


一緒に見てたお姉ちゃん。
『この子、本当に子供らしい、自然な表情してるね。』とぼそり。
こういう環境で、所謂『切れる子供』が育つわけがないですよね。
逆を返せば、自分がいる環境は子供だけではなく人間を狂わせる色んな要素が沢山あるということ。
気を抜けば自分も、そして自分の子供も…!

本当にたくさんのことを学んだ、有意義な30分でした(^-^)

(玲)
[PR]
# by imoa | 2006-09-08 13:50 | つぶやき

マザー・テレサ
久しぶりの休み、私は久しぶりに家でビデオを見ることにしました。
ビデオ店に入り《チルソクの夏》など友人に薦められたビデオを探していると、私の目に《マザー・テレサ》の文字が飛び込んできました。
インドのカルカッタに行きマザーテレサに会うのが、私の夢の一つでした。
私はずっと前からマザーテレサが好きで、彼女のように生きたいと思ってました。
《マザー・テレサ》のビデオは、そんな私を再び蘇らせてくれました。彼女自身はもうこの世にはいません。
彼女の肉体はなくなり、私の夢は叶いませんでしたが、私は、必ずインドのカルカッタに行こうと思います。
ビデオ《マザー・テレサ》の最後部分にこんな言葉があります。
「慰められるより、慰めることができますように。
理解されるより、理解することができますように。
愛されるより、愛することができますように。
なぜなら、与えることが受けとることだから。
許すことは許されること。
死ぬことによって、永遠の命が蘇ります」
マザーテレサに出会えたことに感謝します。 (月)
[PR]
# by imoa | 2006-08-19 11:24

毛染めで髪が抜ける
ご無沙汰してしまいましたm(_ _ )m
最近、白髪が増えてきて…白髪って年を感じさせますね。
私は、飛び出し、目立つ白髪は、今現在では抜いちゃってますー!(-。-;)私ってひどい?
飛び出さずに中でそっとしている白髪ちゃんは、外側の黒髪に守られ、私に抜かれずにすんでます(どこの社会?も同じね)
実は、3年前に白髪染めを2回程したことがあるんです。
その2回目で、なんと私の髪全部が抜けてしまったんです( p_q)
今でこそ、白髪染めが原因であったと言ってますが、その、抜けている時は分からなくて、いろんな病院へ通いました。
しかし、どこの病院も《どこも悪くありません。抜け毛の原因はわかりません》て…
日に日に髪が抜け…寝て起きると枕に髪がいっぱい!髪を洗うと、排水口は髪でいっぱい!私は鏡をみるのが本当に恐かったです。
カツラ屋さんも探しました…
2ヶ月で髪がスカスカになり地肌も見えるようになってしまいました。
そんなある日友達が、地肌が真っ赤な斑点で覆われてるわよ!と言うんです。(鏡と鏡で照らさないと、私には見えなかったので分かりませんでした)
そして、出張先の皮膚科へ行ったら、アレルギー反応だと言われ、また、生えてきますとも言われました。
合成シャンプー&リンスも頭皮に悪影響を与えますが、毛染めはそれよりも強い障害を与えることがわかりました。
幸い、私は普段から石鹸シャンプー&リンスなど石鹸生活をしていたので、頭皮に悪影響を与えていなかったこともあり、それから1ヶ月がして、ツンツンと新しい髪が生えてきました。
結果、新しい髪が生えながら、傷んだ髪は5ヶ月で全部抜け落ちました。
石鹸さん、ありがとう!
毛染めをしなくてはいけないほどになったら、頭皮に悪影響を与えない方法でと考えてます。
若い時からの茶髪は要注意です!人によって抜け方が違うので…白髪染めする年には髪が無くなっているかも||(;-_-)|||(月)
[PR]
# by imoa | 2006-08-05 11:15

最近の悩みと言えば…
世の中には、化粧品の他にも体を害すものが沢山あります。
その中の一つが食べ物。
アイモア図書館で紹介した『食品の裏側』を読んだ後から、口にできなくなったものがたっっくさんあります。

先日、会社でよく利用する近くの焼き鳥屋さん(世の中を知らない私は、日本でいちばん美味しい焼き鳥屋さんだと思っています!)のマスターからお中元ということで、福岡の明太子を頂きました。
明太子といえば、高級品ですよね?…わたしだけ?(^^;
明太子は、ねぎや白ゴマやごま油、そして更に辛くするために一味とうがらし等を加えて味付けして食べるのがうち流です。これぞ母の味!とりあえず大好きだったわけです!
大好物の上にそれが高級品ときたら、もらって嬉しくない人なんていないですよね!

しかし、違うんです。参りました。

なぜか…。
食べられないからです。
化粧品の裏側を見るのはもう当たり前のことになりましたが、『食品の裏側』を読んだ後からは食品をひっくり返して見るのも癖になりました。
お昼は、スーパーやコンビニで簡単に食べられるおにぎりや巻き寿司、お弁当などを買って食べることもしばしばありましたが、最近ではめっきり減りました。
内容から考えるとあまり差はないんですが、『スーパーやコンビニ弁当ならカップラーメンの方が潔くていいじゃん!』と半ば諦めも入り、たまに口にすることはありますが…。(苦笑)
カップラーメンが体に悪いと思いながらも食べる人は結構いらっしゃるかと思いますが、スーパーのお弁当などが体に悪いと思いながら食べる人はあまりいらっしゃらないのでは?カップラーメンに少し同情します。

本題に戻り、明太子。
裏側には意味のわからない添加物がたくさん!
とどめの一発は、合成着色料です!
『赤○○』!
『黄○○』!
そんな文字を見たら『参った!』というしかありません。
化粧品にも合成着色料(タール色素)は多く含まれますよね。例えば口紅です。
極端ですが、ご飯のおかずに口紅を食べてると想像するだけで、食も進みません。
また合成着色料は、発がん性も憂慮されている物質です。

『何で色つけるの~!』と嘆きたくなるのは明太子に限りません。
ウィンナーなハム、漬物にもかなりの合成着色料が入っています。
ちなみにウィンナーも好きですが、ここ数ヶ月間見てきたウィンナーの中で、合成着色料まで含めて添加物が入っていないものは見たことがありません。

今日も明太子が冷凍庫で凍っています。
今日こそは開けてみるかと毎日毎日考えますが、なかなか…。
頂いたものなので食べて感想くらい述べなければと思うのですが…。
大好きだった明太子が悩みの種だなんて悲しい。トホホ…(涙)

(玲)
[PR]
# by imoa | 2006-07-26 18:10 | つぶやき

私の<アイモア>の思い
私も<アイモア>の思いを語りまーす。
以前<誠>で紹介されたように、<アイ>は<愛>、<モア>はハングルで<集め>。アイモアの意は<愛集め>。
<アイモア>設立以来私も不思議な、そしてすばらしい出会いがいっぱいありました。
人は一人では生きてゆけない。いろんな人のアイモアが会社を支えています。 本当に不思議なんです…使命感を感じるぐらい…そしていろんな愛に私は、感謝とともに精一杯頑張ろうと思います。一度の人生だもの!
人には愛という素晴らしい感情があります。しかし時にして、残酷な悲しみにもなります。
私は思います。人にとって愛はとても大切なものだと。愛には計算がなく差別がなく異性がなく尊いものだと。そんな愛で地球を救いたいと…笑わないでください(^^ゞ私の思い、目指すは《地球を救いたい!》です。戦争は反対です。<正義の戦争(侵略)>などあり得ません。戦争は絶対にしてはいけない!人の命に、いらない命などありません。
人間の欲望によって、自然を破壊し自然の一部である人間をも狂わせ蝕み…
生きるということは、愛すること、自然を生かし、生命を生かし、そのために闘う勇気を持つ。今世紀に必要なことだと思います。皆さんも一緒に<アイモア>しませんか? (月)
[PR]
# by imoa | 2006-07-26 01:37 | つぶやき

愛・モア!!!(再会編)
エステスタッフから「素敵な本があるんですよ~♪」と手渡された一冊の本。

「特にこの文章が胸にしみるんです!(><)」と真剣な眼差し。どれどれと読んでくうちにハッッとする。

4年前に見た本との再会…

『人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトにわかれる』

4年前の私は即答で愛されたことを思い出す!と言っていたなぁと。(笑)

女は愛されてこそ幸せなんだと、自分がみたされればいいんだと…
結局自分が一番かわいかったんですね。 過去を振りかえ苦笑 (^о^;

今のわたしは?!というと

人との出会いによってこんなにもかわるんですね~!(ぶつぶつ)
「愛したことを思い出す」 なんですな~ぁ★ (作者のように…)


人だけでなく物や、植物、動物、異性問わず私が出会った全てに感謝する気持ちが『アイモア』と出会う事によって生まれそれが「愛する」にかわり今現在の答となっているんだなと。

『アイモア』という会社名の由来のように、『愛』を『モア』(ハングル語)『集める』!

私もどんな形であれ『愛・モア』なヒトでありたい…

そうなれるよう、私は今日もいろんなモノを愛す… 

(誠)
 
[PR]
# by imoa | 2006-07-18 22:36 | つぶやき

電車での独り言〈その1>
電車に乗ると仕事病でしょうか?人の肌や頭(髪の毛)に目がいってしまいます。(あ~ぁ、勿体な~い、うっ~ダメダメ(>_<))等々と声なき独り言を頭の中でしています。そこで、今日は私のこの声なき独り言を聞いて頂けますか?
その1〈学生服に化粧編>があります。私の前に学生服にお化粧子さんが立っています。私は(あ~勿体な~い!今、一番素肌が綺麗な時なのに! 素肌の綺麗さをアピールできる今をお化粧なんかで隠したらもったいない!そして、この年でお化粧なんかしたら、二十歳以降はもっと、汚い肌になっちゃうのに…そのお化粧とってごらん!プルンとしたはじく綺麗な素肌が輝いているから!もし、今荒れているからと、お化粧で隠しているのなら、石鹸洗顔だけで良くなるのよ(^_^)焦らなくても、いずれ、化粧しなくては社会に出れなくなるの日がやって来ます(-。-;))と…
[PR]
# by imoa | 2006-07-12 11:21 | つぶやき

世界報道写真展2006
私は、美術展や写真展に行ってゆっくり絵や写真を見ながら時間を過ごすのが大好きです。
現実逃避なんでしょうか…笑。別にその良さがわかるわけではないけれど、自分なりに沢山の考えや想像を膨らませながら一人楽しんでいます。

先日、恵比寿の東京都写真美術館で行われている世界報道写真展に行ってきました。
「世界の様々な場所でこのようなことが普通におきているんだよ」と一つ一つ説明をしてあげられると良いんでしょうけど、言葉が足りなすぎてうまく伝えられなかったり、誤解を与えるといけないので是非見に行って頂きたいです。(7月30日まで行われます。)
テレビや一般的な雑誌などでは見られないものばかりです。
そう考えると、大変失礼ですが、現在のテレビや雑誌のレベルの低さには失望します。人々がよく目にするテレビや雑誌でこのような報道がどれだけの割合でなされているか。もちろん視聴者あってのものですから、視聴者の趣向がそうであれば、テレビや雑誌もその趣向にあったものをつくるのでしょう。
お笑いやクイズ、旅にグルメにドラマに…私もその楽しさの恩恵をうけながら育ちましたが、本当平和ボケしているとつくづく考えさせられました。
(余談ですが、私が幼いころ、家では(というか私の父は)、頭がバカになるからとNHKしか見せてくれませんでした。毎日がリモコン争奪戦でした。笑。父の言葉に一理ありました。)

成されるべき報道が成されず、不必要なものばかりが大げさに報道される現状だからこそ『真実を見極める目』というのが本当大切なんですよね。

私のオススメ雑誌『DAYS JAPAN』。大学時代から欠かさず見ています。写真展と併せて是非是非ご覧下さい★

(玲)
[PR]
# by imoa | 2006-07-05 16:02 | つぶやき

石鹸洗剤にこだわります
以前、私の娘が《アトピーである》ことを書きました。今は良くなりました。しかし私はここで《アトピーであった》と過去形にせず、あえて《アトピーである》と表現しました。私は、アトピ体質であるという根本体質はDNAが変わらない限り変わらないと考えてます。だからといって諦めているとかではありません。アトピーで悩んでいる方々と同じように、私も治すためいろんなことをしてきました。しかし、なかなかよくなりませんでした。そんな時、アトピーの子供を持つお母さん方との出会いで、合成洗剤がアトピーを悪化させることを知りました。合成洗剤とは、普通に市販されているシャンプー、リンス、ボディソープ、洗濯洗剤、台所洗剤…まだまだあります…私はこの全てを家から排除しました。それからです。あれっだけいろんなこと(沢山ありすぎて、ここでは省略します(^_^;))をしても治らなかった皮膚が徐々に良くなり始めたのです。薬も使わず!そして今、アイモアで化粧品造りをしながら、合成界面活性剤の毒性を知り、子供の皮膚が改善された訳がわかりました。今は皮膚の状態は良いですが、合成洗剤を使うと、またすぐ悪くなるので《アトピーであった》と過去形にはなれないのです。そんなこともあり、私は石鹸洗剤にこだわります。アイモアの化粧品、エステで使うタオルも合成洗剤は使いません。今年の4月から京王線の仙川にできた岩盤浴《ディヴァーナ》の中でエステをしています。なんとこの店では、エステだけでなく全て、クリーニングなども石鹸洗剤にしています。お肌の弱い方も安心して岩盤浴できます。化学物質(合成洗剤を含む)を容易に取り入れている、この世の中で、それを排除すること、石鹸洗剤にこだわり、店を続けることは容易ではありません(>_<) 次、機会あれば、化学物質の恐さについて話したいです(月)
[PR]
# by imoa | 2006-07-03 09:47 | 石けん


アイモアスタッフが日々感じる様々な思い、考えを赤裸々に綴る日記。お肌やお化粧品に関するちょっと良いお話も聞けちゃいます★
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
nokia 7610
from nokia 7610
game play st..
from game play stat..
christina mi..
from christina mili..
debt relief ..
from debt relief ed..
jackson ston..
from jackson stonew..
brazilian ass
from brazilian ass
big cock lit..
from big cock littl..
facial huge
from facial huge
model non nu..
from model non nude..
big cock head
from big cock head
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧